ロゴ

記録アルバム

マタニティフォト撮影をするときは事前確認をして当日を迎えよう

妊娠中の撮影はマタニティフォト!詳しい情報はココもチェック

お腹

撮影の流れを把握しよう

打ち合わせを終えた後はマタニティフォトの撮影に移ります。マタニティフォトでは様々な衣装が使用されていますが、その中でも白のドレスや黒のドレスが人気を集めています。その他にも水着や普段着などの衣装も人気です。

READ MORE

最高の思い出づくりになる

妊婦

新しい命が宿る

大切なパートナーとの間に出来た新しい命は、これからお母さんになる女性のお腹の中で成長していきます。妊娠してから出産するまで約10ヶ月ほどですが、人生でお腹が妊娠によって大きくなる時期は少ないといえるでしょう。その貴重な時期を利用してマタニティフォトを撮影してみてはいかがでしょうか。素敵な思い出になること間違い無しです。もしお子さんがいればお母さんだけでなく親子で一緒に撮影をすることも可能です。

記念にマタニティフォトを撮影

そんな貴重な妊娠の記録を残すためにマタニティフォトを撮影しましょう。プロのカメラマンが撮影をしてくれるので、美しいマタニティフォトにしてもらうことができます。またマタニティフォトではお腹を目立たせたポーズや衣装を着用することが多いです。その他にもあまり露出をしたくない方のための衣装も豊富に取り揃えられています。衣装は当日決めることもできますが、当日は撮影で忙しくなるためなるべく事前に衣装を決めておくようにしましょう。

タイミングをしっかり把握

マタニティフォトを撮影したいときは適切な時期があるので、その時期に合わせてマタニティフォトの受付手続きを行ないましょう。お腹が大きくなっている7ヶ月頃が良いとされていますが、妊婦さんの体調に合わせて撮影をするようにしてください。マタニティフォト撮影をする上で一番重要視しなければいけないのは妊婦さんの体調です。いつどこで容態が急変するか分からないので、体調が安定しているときに撮影をするようにしましょう。

まずはスタジオに連絡をする

撮影に最適な時期がありますが、スタジオによっては時期によってお断りされてしまうことがあります。臨月は特に何が起こるか分からないとされるためお断りをするスタジオも多いです。そのためマタニティフォトを撮影するときは事前にお問い合わせをしておくようにしましょう。撮影日が確定しても前日に体調が悪くなったらすぐに連絡をして撮影日時を変更するようにしてください。

お腹に線がつかないような服装

無事にスタジオへ撮影の予約ができたら、予約した当日にスタジオへ向かいましょう。そのときに締め付けのある服を着用するとお腹に線が入ってしまうこともあります。そうなるとお腹の撮影ができなくなるので注意してください。なるべく、ゆとりのある服にしておけば身体に負担がからずお腹に線が入ることもありません。特にヌードの撮影をする人は全身に気を使って服装選びをしましょう。